2014年03月24日

モロッコの美容法できれいになりましょ☆彡 vol1(←たぶん)

去る3月9日(日)に放送された「奇跡の地球物語」TV
モロッコの美容法として、「ガスール」と「アルガンオイル」が取り上げられましたわーい(嬉しい顔)

ガスールもアルガンオイルもアロマテラピーの基材として使用されまするんるん
パックなどに使用されるのは以前から存じ上げていましたが、
個人的にはあまり馴染みがないので、
これを機に少しずつ追求してゆこうと思ったわけです手(グー)


「ガスール」、「アルガンオイル」は、
強い紫外線から守るためのモロッコの女性の美容法ですぴかぴか(新しい)

モロッコには「ハマム」と呼ばれる公衆浴場があって、
美容目的でモロッコの女性は足を運びますぴかぴか(新しい)
フェズという場所には高級ハマムが入っている
「リヤド」という古い邸宅の宿泊施設がありますホテル
ちなみに日本円で1泊¥13,000からです。(2014年3月現在)
近年ハマム目的でモロッコに訪れる日本人観光客もいるとのことで、
どういう施設か気になりますねわーい(嬉しい顔)

ハマムではどういうことをするのでしょうか?
1 50℃のサウナに45分間入って、毛穴を開かせます。

2 石鹸で身体を洗い、古い角質をあかすりで落とします。

3 ガスールで汚れを落とし、全身パックします。

4 水で流し、アルガンオイルでマッサージします。

「ガスール」、「アルガンオイル」とは何ぞや??

≪ガスール≫
かわいいアラビア語で「洗い清める」という意味で、古くから肌を磨く土として重宝されます。
かわいい700年位前から美容として使用されています。
かわいい肌や髪を保湿させます。
かわいいガスールの微粒子は汚れや油を吸着させ、石鹸と同様の効果があります。これは水を集めるマグネシウムイオンが含まれているためです。
かわいい原料は天然の岩石で、アトラス山脈の麓にある鉱山の地層の一部。この原石を水で溶かして、天日で乾かすとガスールが出来ます。アトラス山脈は、ジュラ紀の頃海底でした。その為ミネラルが豊富。このミネラルによって保湿や汚れを落とす効果があります。

≪アルガンオイル≫
かわいいモロッコに生えるアルガンの木は高さが3mほどで、オリーブのような実が成ります。
かわいい多くのヤギはこの木に昇ってエサとして実を食べますが、これはアルガンオイルを作る伝統的な方法です。木にある棘によって、人間は実を収穫することが出来ないので、ヤギに実を食べさせることによってアルガンの種を集めました。
かわいいアルガンは過酷な環境で子孫を残すために、仁には発芽の為のエネルギーとなる油を豊富に含まれているとのことです。
かわいい元々食用でしたが、油を作る人の手がきれいな為、美容でも使われるようになったとのことです。

アルガンオイルは女性の手によって作られます。
1 種を割って、仁(発芽の為の栄養を含む)を取り出します。(私見として、仁の見た目は白いスイカの種みたいかな)

2 次に仁を臼で挽き、すり潰すとペーストになるので、ペーストを2時間練ります。(私見として、ペーストは濃い茶色です)

3 これを手で握って搾り取ると、アルガンオイルが出来ます。(私見として、要は圧搾法ですな)


ということで、アタシも実践してみましたexclamation×2
ガスールのパックとアルガンオイルですぴかぴか(新しい)
Camely_20140323_181632_resize_20140323_181747.jpg

≪ガスールのパック≫
<行程>
1 ガスール 大さじ1 + 精製水 大さじ1と1/2〜大さじ2
(今回はこれに、同じくモロッコ産の精油「ローズマリー」1滴をプラス)
これを合わせてねりねりします。
Camely_20140323_180637_resize_20140323_181747.jpg

2 ペースト状になったら、目と口以外の顔全体にぬりぬりします。

3 5分くらい経ったら、ぬるま湯で擦りながら洗い流します。
※ この量ですと、顔全体の他に、首やデコルテまで使用できます。
<感想>
かわいい水を弾いて、さっぱりつるつるします。
かわいい肌が白くなって、きめ細やかになって、若返った感じになります。

≪アルガンオイル≫
<行程>
かわいい洗顔後適量を顔に塗ったのち、→化粧水→乳液やクリーム というステップで使用します。
※ 普通は 化粧水→美容液→乳液やクリーム というステップですが、これはオイルが先なので、どうしてなのかそのうち調べたいと思います。
※ 顔だけでなく、身体や髪にも使えます。
<感想>
かわいいさらさらとしたテクスチャーで、よく伸びます。
かわいい肌に染み込んで、元気イキイキになった気がします。


ということですわーい(嬉しい顔)
冒頭にも記載しましたが、当方ガスールやアルガンオイルは無知に等しい状態でしたので、
これを機に、勉強いたします手(チョキ)
勉強したらレポートとして、再度UPしたいと思いまするんるん
ホント、アロマやハーブといった植物療法は幅広いし、
調べれば調べるほど奥が深いですなぁ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
こういう番組は探究意欲を掻き立ててくれますねぴかぴか(新しい)
ということで、そのうち vol2にて手(パー)
ではsoon


posted by RubyKitty at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | アロマ&ハーブの勉強レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。