2012年02月05日

Seasons of Change

Seasons of change…悠久の時の流れの中での、人物や事象の様々な移り変わり(常識や価値観など)に対する詩的表現

この言葉の意味を噛み締めて、こちらの詞を見つつ、この曲を聴いてみて下さいぴかぴか(新しい)

「Seasons of Change」の詞←これをクリックしてくださいるんるん



この曲は、SING LIKE TALKING(以降、SLT)というグループ(佐藤竹善さんが在籍しているのは、小田さんファンならお馴染みですよね)が、1997年にリリースしたアルバム「Welcome To Another World」の1曲目に収録されていまするんるん

アルバムの1曲目って「どんなふうな幕開けで盛り上げてくれるんだろう」というワクワク感がありますよねわーい(嬉しい顔)
勿論こちらもその期待を裏切らない曲とアルバムになっていまするんるん

ちょっと話は逸れるかもですが、ここ数カ月の私は「自分を変える時期に入っている」のです。今までの自分とサヨナラしたいのですexclamation×2
なので、最近は自分自身悶々として、友人おススメの曲や、過去に自分が聴いていた色々な音楽を聴いたりして自分の気持ちと対話しましたぴかぴか(新しい)
色々聴いているうち、心にスッ〜っと沁みわたる曲数曲と出会う事が出来ましたるんるん
こんな私に色々な曲をススメてくれた友人たちに、感謝しきりですぴかぴか(新しい)
一曲一曲魂がこもっていて、詞もメロディーも琴線に触れたりして、心が洗われますもうやだ〜(悲しい顔)ぴかぴか(新しい)

その中での1曲が、SLTの「Seasons of Change」なんですわーい(嬉しい顔)
元気を付けてくれる様なイントロと、「これから未来に向けて立ち向かって、未来を切り開こう」というような曲調が、高揚感を掻き立ててくれますグッド(上向き矢印)
心の闇から抜けて、虹の橋を渡る…。
自分が辛くなった時、こういう情景を思い浮かべて、未来を描きますぴかぴか(新しい)
そうすると、そのうち自分の心に力が湧いてきますグッド(上向き矢印)

気が付いたら、この曲に励まされたのって、今回だけじゃないんだよねわーい(嬉しい顔)
リリースされた年の頃、こちらは恋愛がうまくいかない中での、周囲の結婚ラッシュや、仕事が激務など公私ともうまくいかなくて、拒食症になるくらい精神的に病んでしまいましたふらふら
ある日の朝、ラジオでこの曲が流れていました。1回聴いただけで、自分が励まされたような感じになって、心の中で背中に白い羽が生えて、羽ばたいたような気持ちになりましたぴかぴか(新しい)
通勤途中の電車から見える景色がいつもと違って、明るく感じました。6月の梅雨の合間の晴れ渡った金曜日の朝でした晴れ
そして、速攻でこのアルバムを購入しましたダッシュ(走り出すさま)
それからは、このアルバムをヘビーローテーションで聴きまくるほど、「元気の素」になりました。そのおかげか、心がポジティブになりました。それが功を奏したのかわかりませんが、人生の伴侶と出会う事が出来ましたるんるん

それから15年経った今回。
大震災以降、人に対する物の考え方が変わった事もあって、それがよかったのか悪かったのか…。自分の人生観や、人や物の見方が変わったのです。人のいい所と悪い所が見え始めたのですあせあせ(飛び散る汗)
また、人に裏切られ、他人を思いやることのない行動を取られたりもしました。その時はスゴく悲しかったですもうやだ〜(悲しい顔)
それと同時期に色々な友達や仲間が増えました。そして、今までからのある友達からも励まされて、元気づけられましたグッド(上向き矢印)
自分を変える手助けをしてくれた大切な友達や仲間、そして人生の伴侶に感謝して、これからは羽ばたいてゆきたいですぴかぴか(新しい)
そして、後悔のないような未来を築きあげたいと思いますぴかぴか(新しい)

私にとっての、常識や価値観などの移り変わり…。
私にとっての「Seasons Of Change」、それが今です。
posted by RubyKitty at 19:22| 東京 ☀| Comment(2) | 好きな音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。